サルファモニター単為生殖物語

2014年3月4日

2014年1月新年のお祭りムード冷めやらぬ頃1本の衝撃の報告が入ってまいりました。
かねてからオオトカゲで親交の深かったU様が、ベビーから飼育し始めて今まで1度も交尾経験がないサルファモニターが生んだ卵がなんと孵化したというのです。数年前にイギリスでコモドオオトカゲは単為生殖するという研究発表がなされ衝撃を受けましたがそれと同時にどうやらミズオオトカゲも単為生殖するらしいという報告をうけておりましたが、店主はコモドにせよミズオオトカゲにせよあんな大きなトカゲが単為生殖するわけがないとその説に関してはあまり信じていませんでした。しかし今回この事実をあからさまに見せつけられてその説の事実は証明されたのでした。
U様も当店以上にオオトカゲバカ!といっても過言ではないほどの情熱の持ち主でしかも今回は単為生殖での繁殖に成功するまでのDATAを惜しげもなく公開していただけました。以下が当店から質問をして回答していただ繁殖データになります。

Q:メスの飼育年数は?飼育し始めたころの全長は?
A:あまり覚えてませんが2005年には、飼ってました、飼育当初の全長は50cm位です。

DSCF9327.JPG単為生殖したサルファモニターのメス個体。現在全長で150cmほどである。

Q:メスの飼育環境(ケージの広さ、飼育設備、飼育温度、餌の種類と給餌の頻度など)
A:ケージは1750×600×600の木製ケージです、エアコン管理で昼32~33℃で夜、寒い日で22~23℃位です、エサは、マウスLと鶏のササミ、胸肉、レバーを一週間~10日に一度を食べるだけやってます。

U.JPGこの設備で単為生殖に成功した。画像はU様と単為生殖に成功したベタナレサルファメス個体です。
※U様の顔のよこにチラリと写っている黄色いコンテナボックスの中で卵が孵りました。

Q:何年何月何日に何個産卵して何か月で孵化しましたか?
A:2013年5月30日にスラッグを入れて12~3個産んで見た目のいい6個をミズゴケをいれたバットにラップをしてメス親のケージの上に置き2014年1月9~13日に孵りました。
Q:卵の保管温度は何度くらいでしたか?
A:昼間はメタハラの近くで29~30℃で夜間は25℃前後で寒い日は22~23℃の日もあったと思います。
Q:何個体孵化しましたか?
A:4匹孵りました。
Q:産卵前のメスの状態は?
A:通常とかわりなく産卵前日までエサを食べてました。
それと同時にハッチしている様子の画像も数枚いただきました。単為生殖でびっくり!そして繁殖した個体の画像をみてびっくりしたのですがどの個体の体色も目を見張るような個体ばかりということでした。
U様からは「山田さん遠いでしょうが一度うちに来て下さい。」とのお誘いを受けてほんとはもっと早く行きたかったのですが関東地方に降った2度の大雪などの関係で歯がゆい思いをして訪問できる日を待ちわびていましたがようやくU様宅をご訪問させていただくことができました。


ハッチしている様子です。
2014011217460000.jpg2014011000360001.jpg2014011116570000.jpg

3月に入り気候も落ち着き遂に待望の国内繁殖サルファモニターにご対面する日を迎えることになりました。U様のお宅まで店主の家からは新幹線を使っても片道5時間はかかりますがサルファモニターの繁殖例は国内初でしょうしましてや単為生殖での繁殖例となると世界的にも例がない初物尽くしのそんな個体を拝める機会はそうはありませんので遠路ということを忘れてしまうほど楽しみであっという間にU様宅に到着しました。こういう機会に巡り合えつくづく爬虫類屋でよかったな~と思う次第です!
そしていよいよ繁殖個体とご対面!これまでに数多くのモニターを見てきたつもりの店主でしたがその繁殖個体たちを見て思わず言葉を失いました!ハッチ直後の個体画像よりもはるかにきれいになって店主を出迎えてくれたからです!

DSCF9305.JPGバンド状の個体:2014年1月12~13日生まれ                  
DSCF9312.JPGシルバーグレーな個体:2014年1月12~13日生まれ                                                              
DSCF9324.JPG先天的に尾が短い個体:2014年1月12~13日生まれ                  
DSCF9334 - コピー.JPGシークレット:2014年1月9日生まれ                  

全ての個体は目を見張る体色もさることながらなんとよく見ると眼球の光彩も色抜けしてなんとブドウ目なんです!そしてU様の愛情を受けているのでどの個体も手に乗ってくるほど人なれしたベタベタのベタナレ個体!今回繁殖した4匹すべてがサルファモニターを超えたスーパー体のスーパーサルファモニターです!
そんなこんなで時間はあっという間に過ぎていき、お会いしてからあからさまに長時間放出しまくっていた店主の念力と催眠術が通じたのかどうなのかわかりませんが「山田さん、1匹お店で販売しますか?」という同じ爬虫類好きではありますが爬虫類売る側の立場にいる店主的には夢のようなお言葉を吐き出さすことに成功し、なんとなんとなんとシークレット個体を入手することに成功しました。
ショップを経営していると売ることばかりにとらわれて好きという気持ちを見失いがちですがそんな気持ちを再認識させてくれる出来事となりました。U様、本日話し合った今後の計画もまた色々ご相談しましょうね!